元気だから書けるエンディングノート

著者:akagawa

元気だから書けるエンディングノート

広島・福山・関西を中心にエンディングノートの書き方や終活情報のお話しをさせていただいております、エンディングノートナビゲーターで講師の赤川 なおみです。


いつも「エンディングノートは元気な時に書きましょう」とお話しさせていただいています。

元気な時には「まぁまたでいいや」と日常の忙しさに後回しになりますよね。
{4CA413F5-E9CA-4184-A249-5940596DEDDA:01}


では、いざ病気などをして静養し、時間ができたからかけるか?というと、これがまた難しい。

実は先日より体調を崩し入院した私。

日々の業務もできないので、時間はたくさんあるんです。

もちろん、治療と安静で治ることに専念しなくてはならないのですが、少しずつ体力も戻ってくると何かしたい。

しかし、気持ちがついていかないんですね。

なにが?ということではありませんが、周りの雰囲気であったり、自分の体調であったり、なんだか考えがまとまらない。

やはり、忙しくても時間がなくても、元気な時に向き合うのが一番!

書きながら「あ、あれもやっておこう」「あそこにも行っておこう!」と考える。

体調を崩すと、やろう!行こう!と思っても、すぐにできないので余計に考えたくないのかもしれません。

忙しいあなたこそ、エンディングノートに向き合ってみてくださいね!

エンディングノートの書き方については
お気軽にエンディングノート普及協会へ。



—–

著者について

akagawa administrator

コメントを残す