2人に1人が「エンディングノート」を書きたい!終活最新情報から

著者:akagawa

2人に1人が「エンディングノート」を書きたい!終活最新情報から

こんにちは。
エンディングノート専門家、エンディングノートナビゲーター®の赤川なおみです。

終活やエンディングノートが注目されるようになり、毎日どこかで「終活」の言葉を聞く、見るような気がします。

そんな中「リサーチバンク」のアンケートから「2人に1人がエンディングノートを書きたい派」であると、取り上げられました。

2人に1人が「エンディングノート」書きたい派!終活の最新事情
考えたくはないけれど、どうしても避けられない親の死。時期に違いはあれど、どんな人にも平等に訪れます。……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

ここでも「今書いている人」は7%と少ないのですが、いつかは書きたい、必要性を感じるなど、半数の人はエンディングノートに関心あり。

その中でも、女性は50%以上が関心を持っているというのは、よくわかります。
講座に参加される方も、やはり女性が8割。

井戸端会議ならぬ、カフェやランチで女性が集まったら「終活」の話し。

買い物途中の立ち話でも「うちの姑が・・」の話し。

メールやLINEでも「施設探してるんだよね~」の話し。

少子高齢化の世の中では、そりゃこうなりますよね。みなさんの関心ごとであり、悩みなのですから。

その中でも、看取りを経験した人は「エンディングノートは有効だ」「書いておこう」と思う方が多いのです。

実際に葬儀やその後の手続きなどで手間取った、探し物が大変だったなど、自分で経験した、大変だったからこそ「自分のことでは手間をかけさせまい」と思うのですね。

しかし、エンディングノートを書いている人は7%。

でも「いつか書きたい」と言っていては、結局書かずじまいとなり、大切な家族はやっぱり困ってしまう・・・

そうならないために、まずはあなたに必要なエンディングノートを書きましょう!

あなたに必要な、あなたらしいエンディングノートの書き方を知りたい方は…
自分らしいエンディングノートを書くための7つの秘訣

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを残す