カテゴリーアーカイブ ∟エンディングノート活用法

著者:エンディングノート普及協会

認知症当事者の方から学ぶエンディングノートの有効性

先日の若年性認知症イノベーションフォーラムin笠岡の午後の後援で、丹野さんと当日急遽登壇した36歳の男性との会話。

丹野さんは、ご自身の本「丹野智文 笑顔で生きる」(丹野智文 著、奥野修司 監修 文藝春秋) の中でも、仕事の仕方について書いておられます。

認知症当事者のお二人から学んだ「書くこと」の大切さ

若年性アルツハイマー病と診断されても、同じ職場で仕事を続ける丹野さんの仕事術は「とにかく書く」というもの。

とにかくなんでも書いてある。

仕事の手順やら気をつける点やら、丹野さんは書き込んだ2冊のノートを使ってお仕事をしているらしいのですが、なんとそのノートは丹野さんの同僚にも大人気。

同僚の方もそのノートをみれば、仕事ができる!ということで、人気の丹野さんノートらしいのですが「返ってきたノートにその人の書き込みがしてあることもあるんですよ」というほど、みんなにとって必需品となっているそうなのです。

フォーラムのステージ上で、急遽登壇した36歳の男性にも、丹野さんから

「仕事はどのようにやっていますか?」

という質問が投げかけられたのですが、やはりその男性も

「とにかく書きます。なんでも。忘れちゃいけないと思うから、なんでも書いています」

と、やはり「書く」ことを大切にしているとおっしゃっていました。

人間誰でも、頭の中だけで覚えておくことには限界がありますし、覚えていたとしても頭の中で全てを整理するのは限界があります。

だから書く。書いて整理する。

この会話のお二人は、仕事は現役。働き盛り。

この日のお二人の会話を聞きながら、やはり認知症と診断されてもされなくても、仕事に対しての「向き合い方」や「書いて(入力して?)整理する」ということは、誰でも変わらないなぁと再認識しました。

なんでも書く(入力する)

書くのが苦手な人もおられますね。

私はどちらかというとメモ魔なので、なんでも書きたくなります。

トレードマークとなりつつある「スヌーピーのモレスキン手帳」は、どちらかというと大きめで荷物になるタイプ。

毎日1枚の書き込み欄があるごっついタイプなのですが、これになんでも書きます。

書くことが苦手な人は

  • 綺麗に書きたい
  • こんなことは書くまでもない

など、先に頭で考えてしまうことが多いように思います。

確かに、手帳って「自分がわかれば良い」と思う人と「とにかく綺麗に書きたい」という人にわかれますよね。

みなさんはどちらですか?

私も、モレスキンのノートを使い始めた頃には「綺麗に書かなくちゃ」と思って、何もかけない時期がありました。

しかし、書かないままではノートを持っている意味がない。それなら、なんでも良いから書いてみよう。

そう思って書くようになると、字が綺麗とは決して言えないけれど「私のモレスキンノート」が出来上がっていきました。

とにかくなんでもこれに書いてある。

そのノートには、とても愛着が湧いて「大好きな私の記録」として毎年積み重ねています。

もちろん、アナログが全てではないので、スマホやタブレットのメモに全て入っているというのでも構わないと思います。

こうして考えると、エンディングノートがかけない人も、きっと

  • 綺麗に書きたい
  • こんなことは書くまでもない

と思ってしまって、手が止まっているのかもしれませんね。

書き過ぎたら消しても良い。だからまずは書いてみる

先ほどのフォーラム登壇者のお二人も

書かなくて不安になるくらいなら、書き過ぎでもなんでも書いたほうが安心

というお話をされていました。

エンディングノートって、まさにこれ。

  • 何を書こうか・・
  • こんなことは書かなくても・・・

なんて思っていると、いつまでも書けないと思うのです。

  • 整理してから
  • 何かが決まってから

そう思いながら、頭でごちゃごちゃ考えていませんか?

エンディングノートには法的な効力はありません。遺言書のように「こう書きなさい」という決まりもありません。

正しい書き方なんていうのもない。

でも、書いたから褒めてくれるわけでも、何か賞をいただけるなんていうものでもない。

でも、いろいろ書いておくことで、自分にもしものことがあった時や、判断能力が亡くなった時でも、自分の意思を尊重してもらえるチャンスがあります。

最期まで自分らしく生きたい

自分らしくありたい

そう思う方は、ぜひともエンディングノートに書き込んでください。

書く内容は何でも良いのです。書き始めに構えてしまうようであれば、

  • 自分の今の気持ちでも
  • 忘れたくないことでも、
  • れだけは伝えたいということでも
  • 隠してあるけど何かの時にはみつけて欲し物の置き場所でも

何でも良いので書き始めてみる。

もちろん、ノートだって何でも大丈夫。

売っているエンディングノートは好みじゃない!という方は、お好きなノートで始めてください。

私のようにお気に入りの手帳がある方は、そこに書いてみましょう。

 

それでもエンディングノートがあったほうが書きやすいなぁ・・と思う方、協会オリジナルノートの購入もできますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

著者:akagawa

EN日週間・エンディングノート講座@松山

8月12日(土)の午後からは、松山発開催のエンディングノート講座を開催いたします!

もちろん、EN日(エンディングノートの日)週間に連動した講座。松山で開催できることになったのは、5月のこちらのご縁からなのです・・・

愛媛県出身の私ですが、子どもの頃に広島に引っ越してしまいましたから、知り合いという知り合いはおりません。

でも、愛着は深くて・・・そんな私に、昨年の大洲市での講演以来のチャンスをいただきました。

今回は

専門家が考えるエンディングノートセミナー

「仕事に活かすためのエンディングノートの書き方&活用術」

です。

相続案件や遺言書の作成、終活関連の問題解決には、エンディングノートを書くのが良いと言われても、実際仕事に活かすとなると難しい。

エンディングノートを作成するには、

  • 業務以外に時間がかかる
  • どこまで書けば良いのか?どのように切り出すのか?
  • 全ての項目について説明できるわけでもないし・・・

と、エンディングノートがご自身の業務に役立つとわかっていても、なかなか使いこなせていない方が多いのではないでしょうか?

エンディングノートは、一般の方が書く場合も、お仕事に活かす場合も

全てを記入する必要はありません

人それぞれ、書く内容も様々。

では、書く・書かないはどのように決めていくのか?

書くことで仕事につながる、活用できるエンディングノートについて、エンディングノート専門家・終活講師の赤川なおみが、お伝えいたします。

ご自身が使っておられるノートがある場合は、ご持参ください。

会場には様々なエンディングノートを展示いたしますので、ご自由にご覧ください。

◆こんな方にオススメ!◆
・自分でもまだ書いていない
・会社指定のノートがあるが、使い方がわからない
・短時間でお客様にも書いて欲しい
・エンディングノートを書いたらどうなるのか知りたい
・エンディングノートの活用法を知りたい
など、エンディングノートが気になる方はもちろん、これからエンディングノートを活用したい!と思っている方はぜひ!

=============================================
EN日(エンディングノートを書く日)松山会場 第2部
日 時:2017年8月12日(土) 14時~16時
会 場:未・来jobまつやま 会議スペース
松山市湊町3丁目4-6 松山銀天街GET!4階
参加費:3,500円 (エンディングノート付)
下記フォームよりお申込みの上、事前にお振込をお願いいたします
主 催:EN日実行委員会
共 催:一般社団法人終活サポート協会
マンダラエンディングノート普及協会
特定非営利活動法人エンディングノート普及協会
=============================================

お申込みはこちらから

著者:akagawa

ダブルケア&お薬手帳活用術のコラボお茶会開催します!

前日告知になってしまいました・・・

 

明日4月29日(祝)に広島県福山市で

ダブルケア&お薬手帳活用術

のコラボお茶会を開催します!

 

今回ダブルケアのお話は、札幌在住の介護コンサルタントとして活躍されている野嶋成美さん

 

活動の中でも、特にダブルケアに力を入れておられます。

 

今回は、ある本・ある方を通じてアメブロでつながり、トントンとお話が進んで、なんと半月足らずで明日のコラボお茶会が決定いたしました。

 

そのある本・ある方・・はこちら!

 

http://ameblo.jp/hahamofree/entry-12266211277.html

ダブルケアってなぁに?

今回、お茶会をしますよ〜とお誘いする中、案外多かったのが

ダブルケアってなに?

というご質問。

 

そっか!案外ご存知ないのね?と、改めて気づく私。

 

ダブルケアは、文字通り

子育てと介護がいっぺんにきちゃう!

ってやつです。

 

言葉は知らなくても、そういう状況を経験した、まさに今それ!今後そうなりそう・・・そんな方は多いのではないでしょうか。

 

少子高齢化も手伝って「子育てで大忙し」なのに「親が倒れた!」と、これまた大忙し!になる方が多くなりました。

 

実は私もそうでした。

 

4人の子を東京で出産しUターンしたのは、下の子が1歳になった頃。

 

同居を始めた当時は夫の両親ともに元気でしたが、ほどなくして義父が何かと入院することが多くなりました。

 

まだ小さかった末っ子と義父のケア。今では懐かしいくらいですが、その頃は本当に忙しかっただろうなぁ・・・

 

そして、今くらい情報を得ていたら、もっと楽にケアができたのかもしれませんね。

がんばりすぎない!これにつきる!

今回のコラボお茶会ですが、タイミングはさることながら、アメブロで友達申請をいただき、ブログを拝見して、野嶋さんの考え方に強く共感したことが、お茶会を実現させました。

 

野嶋さんの

  • 子育てと介護で疲れているあなたに笑顔と笑いの時間を!
  • 肩の力が入っているあなたにこころやすらぐひとときを!
  • あなたと同じ目線で「困った」をともに考えていきます。

プロフィールで拝見したこの言葉。

 

少し向き合っている環境は違うかもしれないけれど、私も終活において同じように考えています。

 

エンディングノートに真剣に向き合う方は、とても真面目な方が多いように感じます。

 

また、終活を頑張っている!と言う高齢の方にもよくお会いします。

 

前向きに取り組んでおられることは素晴らしい!

 

だけど、がんばりすぎは疲れちゃいます。

 

エンディングノートは1度書いたら終わりじゃないし、終活もすぐに解決する悩みばかりではありません。

 

だから、少しでもリラックスできる環境があったり、仲間がいたり、困ったら聞けるところがあったり。

 

そういうの、とっても必要だなと思うのです。

 

今回のコラボお茶会は、

ダブルケアのお勉強

というのではなく、ゆるゆるとみんなでお話しながら、

もしもに備え、日常の息抜きができる

ゴールデンウィーク初日でもあり祝日ですので、その時間は難し〜という方は、その後お食事にもいきますので、そこからの合流も大歓迎です!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日 時:4月29日(祝)16:00~17:30
会 場:白ばら福山駅前店
    福山市伏見町1-19
ゲスト:野嶋成美さん Ka.ELLE(カ・エル)代表
    介護コンサルタント・ダブルケア専門家
定 員:6名様 (残席3名様)
参加費:1,000円+ご自身のお茶代
主 催:エンディングノート普及協会 赤川なおみ
お申込:下記のフォームよりお願いします
※参加特典として、カープ坊やお薬手帳をプレゼント!
※終了後にお食事も予定していますそんなお茶会です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

—–

著者:akagawa

お金は大切!だけど、最期は人 なのです

エンディングノートや終活に関わる活動をしていると、何度も

やっぱりお金は大切だよなぁ・・・

と思わされます。

 

だから、ライフプランナーやファイナンシャルプランナーと言われる人たちは、そのお金の大切さや蓄え方、活かし方を伝えているのでしょう。

 

確かに、今の日本で生活していく上で、生きていく上では、お金はあるにこしたことはありません。

 

しかし、最後の最期、

自分らしく生きるためには人

なのではないかなぁと思うのです。

お金は自分から動かない

お金は必要です。

どんなサービスを受けるにも、ご飯を食べるにも、お金がかかります。

 

ただ、最期は人ですと言ったわけは

お金は自分から動いて悩みを解決してくれない

からです。

 

一生困らないくらい持っているけれど、自分で動くことができない状態だった場合。

 

あぁ、お金があったわけじゃないけど、入院中の私がそうでした。

 

売店には売っていないもので、でも必要!という物が出ました。・・・

 

これ、困りました。

 

その時、友人に無理を言って買って病室まで届けていただきました。本当に助かった。

 

これはほんの一例ですが、どんなにお金があったとしても、自分ではできない時には、人に頼るしかない。

 

その「頼れる人がいない」という時には、いくらそれができるお金があったとしても「自分でしたいことやしなくてはならないことができない」ということです。

 

お金は、自分で動いて頼める人を連れてきてはくれませんもんね。

お金がなくても生きていけることもある

もう一つ切実に感じていること。

 

それは

助けてほしい!手を貸してほしい!

を言えるかどうか。

 

誰かに伝えることができるか?

伝える人がいるか?

ということ。

 

困窮極まって母娘で亡くなったニュース。

 

老老介護に疲れ、長年連れ添ってきた大切な人に手を上げてしまうニュース。

 

もし「困っている」ということを誰かに伝えることができたら、公的機関の支援を受けるとか、何か方法があったはずなのです。

  • エンディングノートの書き方講座でも、必ず
  • エンディングノートを書いたこと、書いた内容を伝える人はいますか?
  • エンディングノートを渡す人はいますか?

と聞いています。

 

そして、

渡す人がいない方、すぐに相談してください!

と伝えます。

 

いくら完璧なエンディングノートを書いたとしても、誰にも渡さず、誰にも見てもらうことがなければ、役目を全うすることはないのです。

 

お金同様、エンディングノートが一人で渡す相手を見つけてきてはくれません。

 

反対に、手を貸して!と言える勇気と言える相手がいたとしたら、それはお金がない時でも、生きることはできるはずです。

お金もエンディングノートも使い方次第!

昨夜見たドラマ「ボク、運命の人です。」でも、登場する謎の神様は「恋を勝ち取るためにはまずは「お金」が必要だ」と言います。

 

そんな時、会社のボーナスキャンペーンの賞金10万円を手に入れることができた主人公。同時にその日が彼女の誕生日であることも知り「神様が言っていたのはこれだ!」と10万円に喜びます。

 

しかし、その賞金は強制的に同僚をごちそうする流れとなり、手元に残ったのは520円。

しかし、その520円が運命の人である相手の心に響く520円となる・・という内容でした。

 

謎の神様に「あぁなるなら、先に教えておいてくれたらよかったのに」と愚痴る主人公に「教えておいてもあぁはならないから。君の努力があってこその運命だから」と。

 

そう。10万円のプレゼントではなく、残った520円の使い方でした。

 

ちょっと話はそれましたが、お金があるなしだけではなく、最期は人なのでは?ということです。

 

金銭的に悩んでいるなら、その悩みを相談できる人を。

 

お金はあるけど自分のエンディングノートを渡す人がいないと悩んでいる人は、渡せる人を探すための相談ができる人を。

 

最期まで自分らしく生きるために大切で必要なもの。

それは

だと思いませんか?

—–

著者:akagawa

島根終活セミナー 輝いて生きるための終活とエンディングノート活用法

こんにちは。
エンディングノート講師・終活講師の赤川なおみです。

セミナーや講座では、やはりシニアの方にご参加いただくことが多いのですが、今回は30~50代の女性の会で講演をさせていただきました。

「輝いて生きるための終活
~エンディングノート活用法~」

{173D4687-FA8F-436A-B12C-E710C33A8316:01}

最初に参加者の方が挨拶をして下さいました。

「私達にはまだ先の話しだと思いますが…」

いえいえ、そんなことはございませんよ。

今できる、今やるべき終活のお話しです。

そして、自分がどう生きるのか。

女性の生き方は「自分だけ」という訳にはいきません。

結婚すれば家族のこと、そうではなくても親のこと。

いくら仕事をがんばろうと思っても、全てを誰か任せて考えなくて良い、という方は少ないでしょう。

では「女性は我慢しないといけないのか?」

いいえ、そんなことはありません。

でも、我慢せず、人任せにせず、自分のやりたいことを諦めない生き方をするには、しっかりと考えて、準備も必要です。

これは女性ばかりではありませんね。

介護離職しないためにも、できる準備はあります。

このように、30~50代だから向き合うべき、考えるべき終活があるのです。

そして、女性ならではの悩みや問題も、女性だからこそ解決できる方法があるはずです。

エンディングノート普及協会のエンディングノートセミナー、終活セミナーでは「今できる終活」「今日から始める終活」について、講演をさせていただいております。

来週も島根県江津にて、女性の方にお話しさせていただきます。

島根は2014年の夏に声をかけていただいてからの繋がり。

こうして、繋がっていくことは、本当に嬉しいです!

山越えするので、雪が降りませんように・・・(汗)

—–

著者:akagawa

エンディングノートは遺言書じゃない 科捜研の女15第11話より

大々的に終活・エンディングノートがストーリーに組込まれるとあって、久しぶりに推理ドラマを見ましたよ。

そのドラマは、人気ドラマとしてシリーズになっている「科捜研の女」。

今回は、終活セミナーで出会った女性二人を中心に展開。

事件解決には、被害者が残したエンディングノートが使われるというストーリーです。

科捜研の女で終活やエンディングノートがテーマに

突然の入棺体験シーンで始まったドラマですが、これは最近「終活セミナー」や「終活フェア」で人気?の体験会です。

{5326D1CF-C405-4420-819B-8EE30F319903:01}

ドラマでは、エンディングノートの「やりたことリスト」に、違う人が書き込んでいるという筆跡鑑定が出ます。

個人が記入するものに、いったい誰が書き足したのか?と、書き込んだ人の特定から犯人割り出しへ・・・

そして、最後は思いも書けない展開へと。

今回のドラマは、予告のあらすじで考えていたよりも、随分面白い内容でした。

終活セミナーでエンディングノートに記入した「やりたいことリスト」に沿って、終活セミナーで仲良くなった友人と一緒に、一つ一つやりたいことを実現していく。

ただ実現するのではなく、実現するなかで芽生える友情や、達成することで感じる喜びまで表現されていました。

今回、単に「終活ブーム」というだけでなく、しっかりと取り上げてもらえたことには、終活を伝えるものとして、ありがたい気持ちです。

ただ一つ・・・

被害者となったノートの持ち主が、エンディングノートを片手に「もうあんたとは一切関係ないからね。何もしないから!縁を切るわ」と、弟に絶縁を言い渡すシーン。

言った本人は「あーすっきりした!」と去って行くのですが、これはダメですね。

エンディングノートに「弟とは一切関係ない」と書いたとしても、直接口で伝えたとしても、正式には遺言書が必要です。

いくらしっかりとエンディングノートを書いて、サインや印鑑があったとしても、遺言書にはなりません。

ここだけは、ドラマをみて誤解しないでくださいね。

終活が「暗いもの」ではなくなり、前向きに生きるための終活になるよう、そして「笑顔で毎日を過ごすための終活」を、いつも応援しています!

終活セミナーのお問合せは
エンディングノート普及協会まで

—–

著者:akagawa

書き始めたら穴を埋めたくなる! ジブツタを使ったエンディングノート活用法セミナー

こんにちは。

エンディングノートの書き方・終活講師、エンディングノートナビゲーターの赤川なおみです。

「自分♡伝えるノート(ジブツタ)」開発者の伊東昌子さんとの初コラボセミナー、無事終了いたしました!

{7E556A3F-A8D4-4A87-B906-907BF2644CEA:01}

イラストレーターの伊東さんが作った5冊のノート。

{86218DAB-9260-4587-A81E-D8802D65FD76:01}

自分の気持を伝えることをメインにしたエンディングノートは、伊東さんの可愛いイラスト入りでとても親しみやすいエンディングノートです。

しかし!ここでも「書けない」悩みはありました。

今回ご参加くださった方の中には、すでにジブツタノートを持っておられる方もおられやのですが「書かれましたか?」の質問には「いえ、それがまだ…」というお返事。

{5F87514A-76D7-4DC6-A77A-C26EF38F975F:01}

やっぱりエンディングノートを書くって難しいのかなぁ・・・?

今回のセミナーでは、1部では伊東さんがワークシートを使って、喜怒哀楽の感情を振り返りました。

{F7A15F32-9DCF-4108-89C4-4AED2941C1DA:01}

みなさんがシートに書き終わると、参加者全員で共有。

書いた事を言葉にすると、すごくスッキリします。

書くことで自分の中ではっきりとする事は沢山あるのですが、それを言葉にするとさらに鮮明になるんですね。

そのワークの後には、実際のエンディングノートの役割や何のために書くのか?などをお伝えし、みなさんでジブツタの歴史ノートに記入開始、

「書いてみると、穴を埋めたくなる!」とサラサラと書き進める方もおあられました。

とにもかくにも、エンディングノートは「まずは書いてみること」が大切です。

今後もこのようなセミナーを通して、一人でも多くの方にエンディングノートを書く大切さ、楽しさを感じていただきたいと思います。

{3B022C1A-86E6-4CC0-8140-DB76425B5A95:01}

次回は2015年1月16日(,金)に開催予定ですので、気になるかたはぜひご参加くださいね!

自分♡伝えるノート(ジブツタ)のお求めはこちらから

→http://ameblo.jp/pesomasami/

—–

著者:akagawa

宝物の行方 大切なものをどうする?はエンディングノートに書く

こんにちは。
エンディングノートの書き方・終活講師、エンディングノートナビゲーターの赤川なおみです。

私は中学生の部活動で始めた楽器の演奏がきっかけで、大学も音楽を勉強しました。
音楽をする人にとって楽器はパートナー。

私も大切なパートナーである楽器を持っています。

今はあまり演奏することがなくなったのですが、それでも他の持ち物のように整理をしたり、処分をしたりすることはできないもの。

しかし!楽器をお墓に持っていくことはできないわけですよねぇ・・・

皆さんも色々な趣味を持っていると思うのですが、自分にとっては大切な、大切な宝もの。
でも、他の人にとってはただの物でしかない。


先日エンディングノートを書きながら「楽器は最終的にどうなるんだ?」と考えました。自分がこの世を去った後、家族にはその楽器が必要な人もいないし、どうしよう?

かといって、自分がいなくなった後に宝物を処分されてしまうのも辛い。

う~~~~~ん。
どなたか必要としてくださる方に譲れるのが一番ですねぇ。
だとしたら、早く探しておかなくては・・・

エンディングノートを書いていると、こうやって色々な気づきがあります。大切なもの、大切な人がいるからこそ書いておきたい。

大切なもの、誰に譲りますか?

—–