特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

何度でも書き換えよう!

著者:akagawa

何度でも書き換えよう!

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする終活案内人の赤川です。

エンディングノートのことは気になっている、そろそろ書いたほうがいいかな?

そう思っている人は多いのになかなか買い始めることができない・・・
それってどうしてかな?と考えてみました。

1 「死」に向き合うようで重い
2 何から書いたらよいのかわからない
3 何を書いたらよいのかわからない
4 残るものだからきっちりかかないといけないと思うと…
5 書いてみたけど止まってしまった

こんな感じでしょうか?

1「死」に向き合うようで重い、については、確かにそうかもしれないですね。いつか来るとわかっていても、それを認めるのは誰しも辛いですね。
その不安がどこから来るのか?については以前もブログで書いています。

ただ、書き始めてみると「死」と向き合うのではなく、「今したいこと」「今やること」が明確になるというのが書いた人の感想なのです。

エンディングノートというタイトルではなくても、自分の日常や備忘録を書きとめることが習慣のかたは、書くことで整理がついたり、やることを明確にしたり、振り返りながら思い出したりと色々効果があるのですよね。

エンディングノートも備忘録や日記感覚で書き始めてもよいと思うのです。
とにかく「今やりたいこと」「今やっておきたいこと」など思いつくままに書き出して、そこから整理する。

自分のその時の生活スタイルや気持ちの変化に合わせて、何度でも書き直していけばよいと思うのです。

まずは書く、気軽に始めてみましょう!

まずは終活について知りたい!という方はこちら
第1回広島お茶会
まずはエンディングノートを書いてみたい!という方はこちら
エンディングノート作成支援

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。