特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

相続あるある「想いは重い?」

著者:akagawa

相続あるある「想いは重い?」

こんにちは。
エンディングノートの書き方・終活講師、エンディングノートナビゲーターの赤川 なおみです。

「君は重いんだよね

ドラマのワンシーンではありませんよ。

今回のお話しは「相続あるある」なのです。

恋愛では、女性が勇気を振り絞って告白したり、
一生懸命、彼を想ってつくしてみたり…

そんな気持ち「想いは、実は男性にとっては「重い」になっていること、ありますよね。

これって家族間でもあるのです。
親の「先祖代々の我が家を継ぐのはお前だ」
「お前に託す」
って言うあれです。

私の場合は、伯母からずっと言われていた
「あなたは、結婚したら2人男の子を産んで、一人は◎◎家に養子にいれて、継がせるのよ!」

この言葉、ことあるごとに言われました。

父は4人兄弟ですが、末っ子の長男。
すぐ上のお姉さんでもある伯母さんが、これを一人っ子である私に言い続けました。

昔のように「養子をとってでも、家を絶やさない」とか「父親が家やお墓を守る姿を見て育つ」という生活なら「重い」というより「次は自分ががんばるんだ!」と思えるかもしれませんね。

しかし、現代ですよ。

結婚しても、娘の方がよく実家に帰ってくる時代。

長男がいても、お嫁さんの家に入り浸り…なんて当たり前の平成です。

そうなると「お前に託す」なんて言われても、
「あ~~重いわ~~~」となります。

とはいえ「はい、終わりです」という物でもありません。

私も、ブログを読んでくださっているあなたも、突然ここに生まれてきたのではなく、ご先祖がいるのです。

むやみに簡素化したり、自分の代で終わりにしてしまうのではなく、少しだけ親の「想い」を聞いてみませんか?

エンディングノートはそんな「想い」を聞くきっかけにもなりますね。

自分らしいエンディングノートを書きたい方は、無料メールセミナー
→自分らしいエンディングノートを書くための7つの秘訣

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。