がんになっても生きる・働く  (在宅医療推進のための市民公開講座)

著者:akagawa

がんになっても生きる・働く  (在宅医療推進のための市民公開講座)

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする 赤川なおみです。

在宅医療推進のための市民公開講座のご紹介です。

「がんです」そう告知されたら・・・
あなたはどうしますか?

今はがんが発見されても、早期なら回復することも多くなりました。また、進行していても色々な方法で長く生きることができる時代。

「がん」=死
ではなくなってきました。

それでも「がん」の宣告で仕事をやめざるを得ない、やめなくてはいけない気持ちになるなど、宣告を受けてからの精神的な負担は計り知れません。

2人に1人はがんが発症すると言われる時代。
現状を知り、考えておくことで突然の宣告も冷静に受け止めることができるはず。

そして、夢をあきらめない生き方もできると思うのです。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
「がんになっても生きる・働く」
講師:平岡 晃さん
    産業医科大学 福島第一原発支援プロジェクトコアメンバー 医師

日時: 3月17日(日) 13:30から15:30
場所: 広島吉島公民館 大集会室
主催: 在宅・施設医療ネツトワーク広島
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。