講師派遣

講座・セミナーの講師のご依頼について

聞いた人が笑顔になる終活セミナー!実例をあげてわかりやすくお話しします!

エンディングノート普及協会では、様々な講座・セミナーへの講師の派遣を行っております。

当協会は、年間50回以上、1,000人以上の方に終活やエンディングノートセミナーの講演実績を持ち、老人大学・公民館講座をはじめ、各種研修会、女性部会総会など、全国で様々な団体さまにご依頼いただいております。

話題の「終活・エンディングノート」でも、実際は何から始めるのかしら?
関心は高いけれど、主催者さんは「終活など暗いイメージにならないだろうか?」と心配される場合も多いようです。

しかし、実際にはどちらの会場でも、定員を上回るお申込み、ご参加となっており、どの年代にも関心の高いテーマであると実感しております。

当協会講師は、豊富な経験を元に事例をあげながら、丁寧に楽しく進める「笑い声の絶えない講座」で選ばれております。

【講座・セミナー内容】

・今日から始める!終活講座(人気講座)
・エンディングノート選び方〜始め方・書き方

・お薬手帳から始めるエンディングノート(人気講座)
・一人っ子のための終活
・跡継ぎがいない家の終活
・夢をかなえるエンディングノート
・相続危険信号!家あり土地あり貯金なし

その他、エンディングノート作成、相続、お墓問題、葬儀問題など幅広く講演可能です。
どの講演も60分~90分で調整いたします。

【講師のご紹介】

代表理事 赤川 なおみ

1966年 愛媛県西条市生まれ。株式会社ナチュラル・フォー 広報企画部長、株式会社ぷれすしーど記者、イベントプランニング会社を経て現職。

年間50回以上の講演実績、1,000人以上の方にエンディングノートの書き方・終活に関する悩みを解決する講座を開催。延命治療をしないする、両方の介護と看取りを経験。自身が跡取の一人娘、本家の長男の嫁という立場から「介護や跡取り問題など、一人っ子は相談相手もなく大変。早めの準備、仲間づくりが必要である」と協会の立上げる。協会ではセミナー講師の他広報、セミナー企画を中心に担当。

 

代表理事 江星 優哉

1982年 兵庫県神戸市生まれ。株式会社ナチュラル・フォー 代表、株エンディングノート普及協会代表、日本終活サポート協会代表を経て現職。

共働きの両親と近所の祖父母に育てられた根っからの神戸っ子。小学6年で阪神淡路大震災を経験。また2012年に祖父と父を相次いで看取る中、父が病室のベッドに残したメモをきっかけに終活やエンディングノートに関心を持つ。自身も一人っ子で若くして親を看取った経験から、早めの終活・親や家族に気持ちを伝える大切さを感じ協会を立上げる。協会では終活サポート事業部長としてセミナー講師の他、サイト作成や事務局の仕事を中心に担当。

 

講師のご依頼は下記フォームに必要事項をご記入の上送信ボタンを押してください。

お名前※必須
団体名・御社名
メールアドレス※必須
お住まいの都道府県※必須
お電話番号※必須
ご希望の開催月
お問合せ内容

 

講演実績については下記のページをご覧ください。

エンディングノート・終活講演実績