特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

いつまでも「夫に渡して」と言うために 『50年後も愛され妻でいられる方法』

著者:akagawa

いつまでも「夫に渡して」と言うために 『50年後も愛され妻でいられる方法』

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

エンディングノートで必ず書いていただくこと。

「もしもの時はこのノート◎◎さんにはこのノートを渡してください」
「ここに書かれていることは私が大切なあなたに伝えたいことです」

これは作成したエンディングノートに書かれた想いが、一つでも実現するために誰に見ていただくかということです。

そう、エンディングノートは遺言書のように法的な効力はありませんから、見た人が「別にしないよ」と思えば、書かれていても実行されないこともあるのです。

そして、自分の大切な「想い」だったり、かなえて欲しい「願い」だったりするので、できるだけ「大切な人」にみていただきたい。

そんな時、あなたなら誰のお名前を書きますか??
50年後も愛され妻でいられる方法 この人と結婚してよかったと心から思える本/金田 秀子

¥1,575
Amazon.co.jp
夫の浮気解決の専門家 金田秀子さん著のこちらの本では、結婚している女性が、いつまでも自信をもって「夫に渡してくださ」といえる関係でいられるポイントが沢山かかれています。

気になる方は、本の購入で素敵なプレゼントいただけるチャンス!
Amazonキャンペーン
7月10日~11日23時59分まで!


エンディングノート作成について
お悩みの方はこちら

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。