互助会の満期は使うときまで有効かな?

著者:赤川 なおみ

互助会の満期は使うときまで有効かな?

こんにちは。

「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

「互助会」という制度、聞いたことがありますか?

以前も会員制は本当にお得?ということで、ご紹介したことがありますが、葬儀会館などに毎月積み立てをしておいて、葬儀の際にその積み立てたお金をあてるというもの。

ただこれに関しては、積み立てたお金が葬儀のなんにでも使えるというものでもなく、実際には積み立てたお金があってもそれに相当額プラスしてお支払い・・・ということも多い。

消費者からの苦情は年間3000件以上にもなっているという事実もあるのです。

そして今日発売(2013年9月21日号)の週刊ダイヤモンドでは「2兆円を預かる巨大業界 冠婚葬祭互助会の危機」を特集しています。

預けている前払い金は、総額で約2兆4000億円を超えているのに対し、もしも預かった業者が倒産などで支払い不能になったとき、国が補償してくれるのは2337億円。

あら?ぜんぜん足りてないですよね・・・

冠婚葬祭業者さんも会社組織ですから、当然倒産だってありえます。

現に約2割は債務超過に陥っているとの報告も・・・

もしも互助会の満期券をお持ちなら、その会社が実際に支払い能力があるのか?など一度調べてみるのも良いかもしれませんね。

きになることはまずメールで相談!

メール2往復まで無料の

—–

著者について

赤川 なおみ administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。