特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』で生前葬

著者:akagawa

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』で生前葬

こんにちは。
エンディングノートナビゲーター、40代からの女性のためのポジティブ終活を応援する赤川 なおみです。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』4 螺鈿迷宮』第4話では、ストーリーの中で生前葬を行うシーンがありました。

生前葬とは、自分が生きているうちに自分自身の葬儀を行うもので、本来なら参列することのない本人が喪主を勤めるというケースもあります。

喪主が自分ですから
・思い通りの葬儀ができる
・参列してくださった方に直接お礼を言うことができる
という思い通りで気遣いのない葬儀にできます。

また、思い出作りや自分が長年行ってきた活動の終わりを告げるものとして行うこともあります。

これまでにも落語家さんや芸能人、タレントさんなども行っていますが、ご本人の葬儀をご本人が参列して「自分の仕事や活動の終わりを宣言せうる」ということもあります。

さほど一般的ではない葬儀の選択。

こんな人気番組でも「生前葬」を取り上げるんですからね。

講演のご依頼はこちらからお願いします
https://endingnote.or.jp/instructor/

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。