介護離職と自分らしくいきること

著者:akagawa

介護離職と自分らしくいきること

広島・福山・関西を中心にエンディングノートの書き方や終活情報のお話しをさせていただいております、エンディングノートナビゲーターで講師の赤川 なおみです。


エンディングノート普及協会では、30代、40代の若い人たちに「最期まで自分らしく生きる」ために、エンディングノートを書くことや終活を勧めています。

その理由の一つに「介護離職」をしないで欲しいというのがあります。
{CC9BEA9E-8312-40F8-B972-92D701E92457:01}


家族や身内の介護のために、働き盛りの人が仕事を辞めざるをえない、辞めて介護に専念する。

この選択自体が良い、悪いではありません。ただし介護離職には様々な問題があります。

自分の夢に向かって進む中で向き合わなくてはいけない介護。

その介護との向き合い方によっては、自分の夢を諦めたり、自分らしく生きることを諦めたりすることにもなりかねません。
できるだけ介護離職を避けてほしい!

本日7月8日火曜日12時発行のメルマガでは、介護離職についてお伝えしています。

登録がまだの方は、ぜひこちらから!

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。