「よかったね!」と言えるために

著者:akagawa

「よかったね!」と言えるために

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする終活案内人のおとちゃんです。

お葬式にはいろいろな葬儀方法があるのですが御存知ですか?

社葬、密葬、家族葬、合同葬etc…

少し前までは「最期くらい盛大に送り出してあげよう」という風潮もあって、豪華な祭壇に花輪というスタイルが多かったと思うのですが、最近では家族葬が多いようです。

これは昔とは反対の考え方で「周りに気を使わせない」「みなさんも忙しいのでご足労をかけないように」ということや「家族だけで温かい葬儀を」など理由は様々なようです。

先日お父さんを家族葬で見送られた友だちが話してくれたことがあります。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

私や母が家族葬を選んだ理由は、

「親戚しかこないだろう」

「会社関係の人は知らせないので家族葬の規模で大丈夫だろう」

と思ったから。

しかし、友引の次の日ということもあり会場はいっぱい。
準備してもらった会場も広かったので家族葬とはほど遠い葬儀だったように思います

結果的には会社関係の人たちもお通夜に来てくださったのでよかったのですが、
「本当に家族葬だったのか?」
というと違ったのではないかと思うのです。

しかし「本人がどうして欲しいのかな」どを把握してなかったので
葬儀屋さんのアドバイスに従い、あとはオプションを追加していった感じ。

「家族葬」=「本人の最後の意思表示の方法」

を表現してあげるものだと思っていたけれど、本当にそうできたのか?

そこは自分にとっては

「これでよかったのかな?」

という言葉がでてきてしまいました。

自分の父の葬儀を通して「家族葬」を選ぶとしたら、

『本人の意思をしっかりと把握している家族がするべきなのかな』と思いました。。

「家族葬がいいな」

と思っている方がいたらしっかりと自分の意志を伝えてあげてください。

「家族葬にしてあげよう」

と思っている家族の方は、しっかりと本人の意思を聞いてあげてください

きっと満足がいくものになると思います。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
やはり、自分の意思を伝えることはとても大切なんだな~と改めて思ったのでした。

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。