特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

一人っ子こそエンディングノート 「仕事があるんだけど!?」

著者:akagawa

一人っ子こそエンディングノート 「仕事があるんだけど!?」

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする終活案内人のおとちゃんです。

お正月になると、一人っ子は寂しかったよな~って思い出します。
親戚が集まるときはまだ良いのですが、家族だけだと時間をもてあます・・・

今のようにお笑い番組も充実してなくて
テレビも大人向けだったりねぇ・・・

さて、大人になって親と離れて暮らすようになって困ること。
「お母さんが怪我した!急いできてくれ」

え??仕事の真っ最中で手が離せないんですけど!?

気持ちは「すぐに行きたい!」
でも現実は「とりあえず、これだけはしておかなければ・・・」

こんなとき兄弟姉妹がいれば
「ちょっと行ってみて!」って頼めるのに。

病院に駆けつけ命に別状がないとわかってほっとしたのもつかの間
「しばらく入院が必要です」

ん~~~~~洗濯はどうする?
お父さんの食事は?世話は?

気持ちは「しばらくついていたい」
でも現実は「仕事を長期に休むことはできない」

こんなときも兄弟姉妹がいれば
仕事と都合をつけながら交替で看病や家のことができるのに。

まぁそんなこと言ってもはじまりません。
だから、準備するんですよね。

突然の呼び出しの時、頼める人はだれか?
仕事の段取りはどうするか?
どうすればみんなが動きやすいのか?

一人っ子こそエンディングノートをつけて
自分のこれから起こりうることをしっかりみつめ、
自分らしく生きるための準備をしなくちゃ!ですね!

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。