終活はいつから?

著者:akagawa

終活はいつから?

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする赤川 なおみです。

「終活」と聞いたときのイメージ・・・

・高齢者がやるもの
・余命宣告を受けるような重い病気の人が考えること
・死のための準備

そんなイメージありませんか?

そして一番は

自分にはまだ関係ないこと

たぶん、このブログを読んでくださっている大多数の方も「大切なことだと思うけど、今の自分にはまだいいかな?」って思っていませんか?

しかし、まだ関係ないかもしれないけど
いつ関係あるようになるのでしょう?

子どもの頃は小学校の次は中学校というように、意識しないで生活していても節目がやってきて、次のことを考えるきっかけを与えてもらえます。

しかし、終活は「○歳になったら始めましょう」というものでもない。
待っていても、なかなかきっかけを与えてもらえない。

そうなんですよ!
終活って「気付いたとき」から始めればいいのです。
気になることがあれば、それから始めればいいのです。

・手続きの仕組みがはっきりわからない
・状況が変わる事柄なので、タイミングがわからない
・どこに相談したらよいかわからない
・見学したいが一人では行きにくい

とお悩みなら、まずは
エンディングノート普及協会にご連絡ください。
一緒に考えていきましょう!

毎月第2水曜日19時30分~45分
ネットアイランドにて

「楽々終活生活」放送中!


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。