自分と真剣に向き合うことの大切さ

著者:赤川 なおみ

自分と真剣に向き合うことの大切さ

こんにちは。
最期まで自分らしく生きる!をナビゲートする 赤川なおみです。

本日、サクラ咲きましたsakura03

次女の大学の合格発表。
親子ともこの瞬間は胃が痛くなりますね><

今は学校まで行かなくてもインターネットで発表があります。

3年になってもなかなか受験勉強に向き合えなかった次女。自分では頑張っているのだと言いますが、どうしても私には「もっとできるんじゃないの?」と見えてしまう。

そんな次女も夏以降、変わりました。
本当にやりたいことが見つかった、その後気持ちも姿勢も変わりました。

その時から、真剣に自分と向き合えたのだと思います。

そして試験後、「もうこれでだめならしかたない」と言った次女。そう言えるまで頑張れたことが素晴らしいと思うのです。

結果ではなく過程が大事。

「どんなにやっても、過程が大事と言っても、結局は結果を残さないと意味ないじゃない!」と泣いた時期もありました。

でも、やっぱり過程は大事だと思う。

これからの人生で「自分に悔いがないほどがんばった」その体験こそが、辛いときに自分を支えてくれるはず。

とにかくゆっくり休んで、羽を伸ばし、深呼吸をしてもっと前に進んでね♪


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>

—–

著者について

赤川 なおみ administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。