特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

順番通りか? 一人っ子の終活1

著者:akagawa

順番通りか? 一人っ子の終活1

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

私は一人っ子なので、これからの介護のことや葬儀のこと、お墓のことを考えています。

実家の方は私で最後なので、どのようにするかを考える訳です。

しかし、今日はたと。。。

今私が考えているのは「順番に亡くなる」とう想定の話。祖母が亡くなり、両親が亡くなり。

私がそれを送るという想定。なので、どうしようかこうしようかと考えて、相談に行ったり、見積もりを出してもらったり。

時間がある今、色々と相談することで、冷静に判断できたり、再検討することができたり、自分なりに「祖母や両親にとって、どうするのが良いのか?」を考え、わからないところは両親に聞きながらという形で進めていくことができます。

しかし!です。

もしも私が突然倒れたら。。。その後はどうなるのか?と考えてしまいました。

自分が考えているプランや予定は、あくまで自分の中でのことであり、両親にはまだ伝えていません。

自分ではしっかり準備をしているつもり・・・

でも、自分に何かあった時には、その準備は伝わらないまま。

ということは、今調べていることも無駄になる可能性があるわけですよね。

なので、今調べていることや見積もりは、私のエンディングノートに書いておかなくてはいけません。

もしも一般的に考える順番ではなかったときにも、両親が困らないためには、書き残し伝えることをしなくてはいけませんね。

一人っ子のみなさん!
相談に乗ります、応援します!

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。