民法改正?「婚外子」の相続差別は違憲との判断

著者:赤川 なおみ

民法改正?「婚外子」の相続差別は違憲との判断

こんにちは。

「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

日本では明治時代から100年以上にわたり、結婚をしていない男女の間に生まれた子どもについては、相続金額に差をもうけるということが、憲法で決まっています。

その憲法について、最高裁で「違憲である」との判決が出たそうです。

婚外子相続規定違憲訴訟 4日に最高裁判所大法廷が判断
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00253184.html
#FNN @FNN_Newsさんから

生活様式も様々、結婚についての考え方も様々な現代では、法律も変わっていくかもしれません。

ますます相続については複雑になり、事前に考え、伝えておくことが必要になりそうです。

エンディングノート作成でお困りの方は

—–

著者について

赤川 なおみ administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。