踏み出す一歩 

著者:akagawa

踏み出す一歩 

こんにちは。

エンディングノートナビゲーター・作成アドバイザーの赤川 なおみです。

何かを決める、何かを判断するというのは、とても神経を使いますね。

しかもギリギリの状態での決断というのは、冷静に判断できずにあとで後悔する結果になることもあります。

延命治療についても、大切な人の突然の出来事に「どうしますか?」と聞かれて、その場であなたはどう判断しますか?

臓器移植、実はお子さんが臓器移植の意思表示をしていた。そしてその判断を迫られる時は突然やってくる。

葬儀の準備。悲しみにくれる中で全ての判断を迫られる。

このような判断は、ギリギリの状態や突然の状態で迫られる場合が多いもの。

そして冷静になった時「あれでよかったのか???」と自問自答してしまう。

そうならないためにも、元気なときに話をしておく、自分の意思を伝えておくことが必要になってきます。

元気で冷静なときに「自分はこう思ってるよ」と伝える、「私はこう考えているよ」と聞いておく。

そうすれば、とっさのときにも少しは冷静に判断できますよね。

「またでいいや」「今度にしようか」「いつかしよう」そう思ってしまいますが、ぜひ一歩踏み出して「今話そう!」と思ってください。

今を生きる私たちに大切な「踏み出す一歩」。
応援します!

きになることはまずメールで相談!

メール2往復まで無料の

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。