特定非営利活動法人エンディングノート普及協会

エンディングノートと母の日

著者:akagawa

エンディングノートと母の日

エンディングノートは何のために書くのですか?
そう聞かれた時に、いつも答えていること。

「大切な人が困らないように」
「自分らしく生きるため」

そう答えます。

「大切な人が困らないように」
これは私のエンディングノートを始めるキッカケでもあります。

祖母の家を片付ける時の「何が大切だったのだろう」

知人のお母さんの家を片付ける時の「持ち帰れないけど捨てると言っても。どうしよう」という知人の悩む姿。

みんな大切な人を困らせようなんて思っていない。

きっとブログを読んでいるあなたも「迷惑をかけたくない」と言うでしょう。

確かに私も知人も「迷惑だった」とは思ってない。

だけど「私の大切なその人はどうしたかったのか?」といつまでも、心のどこかに引っかかっていて、何かの時に思い出す。

せめて「私はこうしたい」「私の大切なものはこれです」と伝えられたら違ったかもしれない。

それがエンディングノートに関わるきっかけでした。

「大切な人に」ということを考えた時。子どもを持った人なら「自分の命に代えても守りたい大切なもの」が子どもという人が多いでしょう。

「母の日」は女性が「母にならせてもらった日」でもありますよね。

母の日にプレゼントをもらったなら、母の日に「ありがとう」の言葉をもらったなら、ぜひあなたの大切な人のためにエンディングノートを書いてください。

そして毎年母の日は、エンディングノートを見直す日にしませんか?

エンディングノートに関するご質問は
お気軽にエンディングノート普及協会へ。

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。