ペットの飼い主さんのための終活とは?

著者:赤川 なおみ

ペットの飼い主さんのための終活とは?

こんにちは。エンディングノートナビゲーター®、終活講師の赤川なおみです。

アメブロニュースで、こちらが取り上げられていました。

ペットは遺産相続できる?考えておきたい「飼い主の終活」ポイント3つ
朝、道を歩いているとペットを連れたお年寄りとすれ違うことがよくあります。お年寄りにとっては、ペットと……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

エンディングノート普及協会、日本終活サポート協会でも、ペットの飼い主さんに「エンディングノート&終活」をご提案しています。

ニュースの記事にもあるように、ペットに財産を残したいと言われる方は、案外多いのです。

「負担付遺贈」も、なかなか実行されないという問題があり、現在では「ペット信託®」などが注目されるようになりました。

協会でも、こちらのペット信託®については、勉強会やご相談を受けています。

また、エンディングノートについては、協会オリジナルのエンディングノートでも、ペットに関する項目を儲けました。

ペットの飼い主さんは、とかく「ペットにもしものことがあったら」と考えがちです。

しかし、飼い主さんにもしものことがあった場合のことを、考えているでしょうか?

もし、散歩中に飼い主さんが熱中症で倒れたら…
もし、飼い主さんが、急に入院してしまったら…
もし、飼い主さんが事故や事件に巻き込まれて家に帰れなかったら…

大切なペットの食事はどうしましょう?
大切なペットのお世話は、誰がしてくれますか?
そのお世話をしてくださる方は、いつまでお願いできますか?

あなたが大切にしているペットは、
あなたを信頼して、頼っているのです。
あたななしでは、食事も散歩もできないのです。

ペットの飼い主さんとして、もしものときに、
誰かにお願いすることになったときにも、
飼い主さんの情報+ペットの情報がすぐにわかるように、
エンディングノートに書いておいてください。

大切なペットの情報も書き込める、
90分で書ける、エンディングノートスターターセットは、
こちらから
→エンディングノートスターターセット

—–

著者について

赤川 なおみ administrator

コメントを投稿するにはログインしてください。