それぞれの経験から〜 終活かふぇ@岡山 救急の日スペシャル

著者:akagawa

それぞれの経験から〜 終活かふぇ@岡山 救急の日スペシャル

広島・福山・関西を中心にエンディングノートの書き方や終活情報のお話しをさせていただいております、エンディングノートナビゲーターで講師の赤川 なおみです。

9月9日、終活かふぇ@岡山 救急の日スペシャル開催しました。

今回の会場は、前回に引き続き岡山市内にあるCafe francenagayaさん。

{5DBF33B6-7BC2-45B5-BEC0-0968DCB4EBB3:01}

前回エンディングノートの書き方体験講座を受講してくださった方もいらして、その後進んだ?止まってる?などの話を美味しいランチをいただきながら進めました。

{B30C4C81-038D-47E3-89AD-575108355F49:01}

前回の体験講座後に、エンディングノートを購入してしっかり記入を始めた方もいらして、書いてみてどう?などの話しも伺うことができました。

今回は「救急の日スペシャル」ということで、まもるカードをプレゼントさせていただき、みなさんその場で記入。

{44D150EF-E13F-4B8F-A8B0-69C4F131688D:01}

一枚の紙の両面だけど、それでもなかなか書けないもの。

これってエンディングノートと似ています。

その理由には「書いたらそのように動かなくちゃ」という多少の強迫観念と「まだそこまで決めていない」「まだ話し合ってない」などが理由のよう。

その気持もわかるけど「まだ」は「いつその時がくるのか?」ということにも繋がって、不安なまま生活をすることにもなるんですよね。

一枚の情報カードからエンディングノートへ。

書く事で話しが広がり、話せば気持も軽くなる。

少しずつこの輪を広げていきたいと思っています。

{636CCAC0-9F1F-4DFF-BC94-B771D665BBD0:01}

次回の終活かふぇは9月17日(水)午前中 福山市内フラワー都さんにて開催です!

最新の終活情報やエンディングノートの書き方についての情報はこちらから
→無料メルマガ

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを残す