第5回 ハッピーエンドフェスタinひろしま 海洋散骨

著者:akagawa

第5回 ハッピーエンドフェスタinひろしま 海洋散骨

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

今年3月に第1回目のイベントを広島で開催した「ハッピーエンドフェスタinひろしま」。2回目以降は勉強会形式で毎月1回開催しています。

第5回目の今回も、広島の終活カウンセラーひこばえの杜さんや勉強熱心な石材店さん、室内納骨壇に関る方、霊園経営者などの専門家が集まって、内容の濃い3時間となりました。

今回興味深かったのは、海洋散骨について。

海洋散骨については様々な方法をとっているところがありますね。散骨については以前書かせていただきましたが、現在は違法ではなくなり海や山に散骨される方もおられます。

今回うかがったのは、船をチャーターして船上で海洋葬儀を行うこともできる海洋散骨のお話しでした。

散骨は、骨を全て海に流して手元に何も残さないイメージですが、意外と多いのは一部は残して納骨堂に供養したり、手元供養として手元に置かれたりするのだそうです。

また大切なのは、散骨を選択する場合には、残された方がしっかりと話し合い、気持ちを確認すること。

散骨したお骨はどうやっても元には戻らないのですから、さびしくないのか、心のよりどころは?など色々なことを話し合っておきたいものです。

毎回勉強会では命の大切さやお墓をどう考えるのか?終活に関する現在の問題点などを話し合っています。

興味のある方、ぜひお気軽にご参加ください。

次回は8月28日水曜日、福山市で開催予定です!

自分らしく生きるためのエンディングノート
書いてみませんか?

            エンディングノート普及協会

—–

著者について

akagawa administrator

コメントを残す