特定非営利活動法人

エンディングノート普及協会

カテゴリーアーカイブ 幸せの形

著者:赤川 なおみ

24時間テレビ36  悲しみを乗り越えた人の言葉

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

今年も8月最終土日となり、24時間テレビが放送されています。

毎年様々な感動がある24時間テレビ。

始まった頃には、賛否両論、なんだこれ?という風潮もありましたが、今では甲子園が終わり、夏休みも終わりに近づくと24時間テレビというのが定着しています。

先ほどお笑い芸人で俳優の板尾釧路さん(50歳)が出演していました。

板尾さんは1人目のお子さんを、乳幼児突然死症候群で亡くされていたのですね。

「乳幼児突然死症候群」は、本当に突然、何の予兆もないまま、眠っている間に呼吸が止まってしまうというもので、1歳未満の乳幼児に起こります。

何をしたわけでも、手を抜いたわけでもない。どんなに愛情を注いでいても、その日は突然やってきて、何もできないままに死を迎えてしまう。

親にとって「なぜ?」が消えないばかりか、受け入れることが難しいもの。板尾さん夫妻も、受け入れ前に進むまでに相当の時間を要したようです。

その板尾さんの「良いことが起こらなくてもいい。悪いことが起こらなければ」というメッセージ。

そうだなぁ。「何も良いことがない」なんて簡単に口にしてしまいますが、「悪いことが起こらない」それってとても幸せなことなんですよね。

大切なこと。忘れてはいけませんね。


今の気持ち、綴ってみませんか?

—–

著者:赤川 なおみ

『Happiness is SNOOPY ~スヌーピーの小さな幸せ探し展~』in高知

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

昨日は大好きなSNOPPYが高知で記念展示をしているということで、長女と高知へ。

今回は『Happiness is SNOPPY~スヌーピーの小さな幸せ探し展』と題して全国を巡回しながら行っているイベントの一つ。

私は昔から大のSNOPPYファンで、その影響か娘も大好き!

image

とにかく会場内では沢山のSNOPPYに大興奮♪


(入口でもお出迎え)

作者チャールズ・M・シュルツさんの代表作「Happiness is a warm puppy~しあわせはあったかい子犬」の世界を再現。五感を使って体感できるような工夫が沢山です。


(左の鍵盤は押すと音が出るのです)


(誰にでもある安心の毛布)

何度も出てくる「Happiness is …」

image


そう、この問いを会場内で何度も何度も目にしながら「私にとってなんだろう・・・」考える時間をもつことができました。

やはりここでも「日常を離れた空間で考えることができるを実感。

この空間は本当に大切で、気付きが沢山あるのですね。

それにしても幸せでした~~~~~~♪
「小さな幸せ探し展」ですが、私にとってはとっても大きな幸せを見つけることができた展示会でした。

image
(8月10日はSNOPPYの誕生日!)

まさしく
Happiness is SNOPPY」

日常を離れた空間で自分をみつめるなら・・・

—–

著者:赤川 なおみ

「朝まであまテレビ」 親子で涙涙!

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

みなさんお盆休みはいつまでですか?

我が家は夫はお休み中ですが、私他息子や娘は相変わらず仕事やバイト。それでも、テレビ番組などはお盆仕様でなかなか面白い♪

その中でも、昨夜から3夜連続の
「朝まであまテレビ」はすごすぎる~~~~~

もともと私は「あまちゃん」の大ファンなのです。

日々「また見るの?」「へ?一日2回も?」とか、他の家族に笑われながらも「い~~~や!おもしろい!」と見続けてきました。

なので、今回の「朝まであまテレビ」もとっても楽しみにしていたわけで・・・

今日の2日目は、ちょうど娘も息子もバイトから帰ってきて、今で夫も含めて夜中に集合していたところに始まりました。

娘は「え~~~、今から~~~」とか言っていましたが、結局魅力に引き込まれ・・・

感動のシーンでは親子でティッシュを探してました。

こうやって親子で同じものに感動するって、とっても嬉しいことですよね。

「あまちゃん」ありがとう!明日の朝も楽しみだ~~~

潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)/天野春子(小泉今日子)
¥700
Amazon.co.jp

—–

著者:赤川 なおみ

「50年後も愛され妻でいられる方法」出版記念パーティー

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

8月8日は「50年後も愛され妻でいられる方法」著者 金田秀子さんの出版記念パーティーが開催されました。
50年後も愛され妻でいられる方法 この人と結婚してよかったと心から思える本/つた書房

¥1,575
Amazon.co.jp

この日は金田さんのお誕生日!

そして増刷が決定!というお知らせが出版実現プロデューサーの山田稔さんから発表され、トリプルのお祝いとなりました。

パーティーの司会は、金田さんの長男さんで地元テレビ局のアナウンサー 金田祐幸さん、写真撮影は次男さん。


(ご来賓の青山華子さん 撮影)

会場には長男さんのお嫁さん、お子さんも出席されていて花を添えてくれました!

金田さんの記念講演では、出版の執筆にあたり一緒に仕事をしておられる次男さんが大きく関わり助けてこられたこと、本の中の素敵な挿絵は長男のお嫁さんが描かれたことなどが紹介されました。

家族でお母さんの飛躍を支える。とても温かいパーティー。
参加した皆さんが感じられたことと思います。

司会の金田アナウンサー。本職さんなので司会がお上手なのは当たり前なのですが、やはりお母さんである金田さんへの「愛」が感じられるのです。

その「尊敬」の気持ちや「愛」が会を盛り上げて、素晴らしい会となりました。


(お誕生日のサプライズセレモニー)

パーティーの最後には、これからの夢、目標も発表され、ますます前進される金田さん。

家族の愛に包まれた素敵なパーティーに関ることができて、とても幸せでした!


尊敬する 青山華子さんとのツーショット


金田アナウンサーとのツーショット


—–

著者:赤川 なおみ

手作り餃子率アップです!

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

家で作る餃子って美味しいですよね!
でも、結構手間がかかる・・・

なのですが、最近我が家は手作り餃子率がアップしております。

昨日もスーパーで「豚ひき肉 58円/g」を見て
これは餃子でしょ!
と即決定。末娘と一緒に詰めました~

我が家は4人の子がおります。
男の子一人に女子三人。

上の子たちは小学校の間ずっとスポーツクラブで活動していたので、
終末は誰かの応援やお世話でずっと外出。

末娘はおじいちゃんおばあちゃんとお留守番をすることが多く、一緒にでかけることが少なかったのです。もともと無口なのもあって、家にいてもそんなに会話もしない。

しかし中学を卒業し、いろいろ考えた末に決めた進路が良かったのか、最近では二人で過ごす時間も増えました。

そうなると、自然とお手伝いの回数も増えてきて、餃子と言えば末娘の出番なのです。

世間一般には少し変わった高校生活かもしれません。
でも、彼女にとって「自分らしくいられる生活」なら、それが一番だと思うのです。

自分らしく生きる選択は、心を穏やかにし、前向きになるのだと実感する今日この頃です。


—–

著者:赤川 なおみ

Happy Week  ~エンディングノートを通して 幸せの形~

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

6月8日は私がこの世に生まれた日!
40を過ぎると「誕生日なんて」って言ってしまいますが、やはりお祝いしていただくのはいくつになっても嬉しいもの。

今年はエンディングノートを通じてできた仲間にお祝いしていただきました!

そして子どもたちには、最高のプレゼントを贈られ、毎日持ち歩いています♪

今年から始めた朝活メンバーさんからは見るだけで和む置物を。

そしていつもお世話になっている「夢をあきらめない場所」Live spot Movinさんからは素敵な素敵なアジサイ!

そして「ゆめのたね」を通して出会った方からは、私のイメージ色のお花をプレゼントしていただきました。

photo:09



仲間の数だけプレゼントがあり、喜びは何倍にもなって、本当に幸せものです。
今年も一年、がんばっていきます!

—–

著者:赤川 なおみ

ゆめのたねトークライブ in福山 ~dream next door~

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

私のテーマにぴったりのトークライブ「ゆめのたねトークライブin福山」で、お話しさせていただくことになりました。

本家「fmゆめのたね」は「夢を生きる」ライフスタイル提案番組!

このお話しをいただいたとき「夢をあきらめない生き方」をしている私ではありますが、本当にすべてやってる?あきらめていることない?って問い直してみました。

そして出た答え。

見ないようにしてふたをしていた夢、ありました。
実は怖くて逃げようとしていた自分を発見しました。

今回お話しさせていただくことで、また一つ夢をかなえることができそうです。

みなさん「夢をあきらめない生き方」してますか?

—–

著者:赤川 なおみ

感謝する心を持つ

こんにちは。

「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

今日生かされている
それだけで感謝に値すること。

人は今日の幸せな人生が「明日はあるかどうかわからない」とは考えない。

しかし、今日とても辛かった、しんどかったと思っていると「明日もまた辛いかもしれない」「いつまでこんなに辛いのだろう」と明日も、明後日も続くと思ってしまう。

今日が幸せであろうと、辛い日であろうと、どちらも明日が約束されているわけではないのに。

だから今日に感謝し、今生きていることに感謝して生きていく。

「明日やろう」ではなく「今やろう」
「いつかやろう」ではなく「今やろう」

自分に言い聞かせて今日も精一杯活動しましょう。


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>


—–

著者:赤川 なおみ

夢をもつことが大切!と再認識!

「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

先日福山で開催された
『ドリームマップを作ってみよう!』

photo:01

まずはドリームマップについて、ドリームマップナビゲーターの土居さんにお話を伺いました。

photo:02

さて作成!
小学校の図画工作の時間みたいです♪

photo:03

約1時間半!
みなさんの夢がマップになりましたよ!

photo:04

こちらは保険貧乏にならないブログ:広島・福山の麦田さんのマップ

photo:05

こちらは先日の趣味起業交流会に参加してくださった
趣味工作の便利屋さん 山成さんのマップ

私も作りました!


このドリームマップ。
お話を聞いたときよりも作成して気付くことがたくさんありました。

夢を語ることも大事。書き出すことも大事。
だけど、こうやって図にする、イメージを形にすることで
その作業中から「この夢が実現する」という気持ちがどんどん大きくなるのです。

「まぁ夢だから」で作り始めても
写真を選び、貼っていくうちに
「ここに泊まりたいよなぁ」「食べ物はこれかな」

一つ一つが現実的になっていくのです。

夢をあきらめない生き方

まさにドリームマップの中にありそうです!


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>

—–

著者:赤川 なおみ

夢がないと、あなたは死んでしまいます

こんにちは。
「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

今日は今朝Facebookで読んだ記事をご紹介します。
死を恐れるのは、いつも後悔ばかりしている人です。」

この一文、いつになっても夢を持ち続けることの大切さを再認識。
さぁ夢に向かって進みましょう!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私達は年老いたから遊ぶのをやめるのではなく、遊ぶのをやめるから年老いてしまうのです。

若さを保ち、幸せになり、成功するための秘訣は4つしかありません。毎日よく笑い、面白いことを見つけるのです。


夢を持ちなさい。夢がないと、あなたは死んでしまいます。世の中は死んでいる人達ばかり!しかも本人達はそれに気づいていない。年老いていくことと、成長することは全くの別物です。

もしあなたが19歳で、1年中寝てばかりいて生産的なことをしなければ、20歳になります。
もし私が87歳で、1年中寝たきりでいたら、88歳になります。

誰だって年老いていくことはできます。特別な能力や才能は要りません。大事なのは、いつも「成長する」機会を見つけることです。後悔をしないこと。

年長者は、「やったこと」への後悔はありません。でも、「やらなかったこと」への後悔はたくさんあります。死を恐れるのは、いつも後悔ばかりしている人です。

彼女は、勇敢に「ザ・ローズ」という歌を歌い、自分のスピーチを終わらせた。

彼女は歌詞を聞き、毎日においてそれを実現しなさいと言った。

年が終わり、ローズは遂にずっと夢に見ていた卒業証書を手に入れた。卒業した一週間後、ローズは永遠の眠りについた。

彼女の葬式には、2000人もの大学生が参列した。彼女は、「夢を実現するには遅すぎるなんてことはない」という大切なメッセージを彼らに伝えてくれたのだ。

年老いていくのはみんな一緒である。しかし、成長するかどうかは、人それぞれである。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


冠婚葬祭 ブログランキングへ


にほんブログ村>

—–