カテゴリーアーカイブ sns終活

著者:赤川 なおみ

あなたのアカウントが危ない! アカウント確認&整理講座

緊急開催です!

あなたのアカウントが危ない!アカウント確認&整理講座

  • 登録したはずなのに、そのアカウントに入れなくなった
  • InstagramやFacebookで2つ以上個人のアカウントを作ってしまった
  • パスワードを忘れて入れないものがある
  • ご自身のスマホ(アンドロイド系)を購入した際に設定したgmailがわからない
  • iTunesのアカウントやパスワードがわからない

このような経験はありませんか?

スマホやパソコンでメールやLINEで連絡したり、SNSを楽しんだり、お買い物したり。

スマホが普及し、インターネットを手軽に利用することができるようになって、とっても便利になりました。

しかし、これらを使うには必ず

登録メールアドレスやID、パスワードが必要です

しかし、よくわからずに登録してしまったという方や、登録したメールアドレスやパスワードを書き留めていないなど、上手に管理できていない方が多いようです。

特にスマホを始めて契約した際に、アンドロイド系の方なら「gmail」の設定を行なっているはずですが、

  • 設定したアドレスを意識したことがない
  • パスワードがわからない

またiPhoneの方なら、

  • AppleIDやパスワードを控えていない

など、契約時の情報を再度確認していないという方、案外多いようです。

スマホ、LINE、Instagram、メールアカウント、Facebook、Twitter、ブログ、どれか一つでも持っていたら今すぐ確認!

この「アカウント管理」に関する情報は非常に大切なものです。

アカウント管理は個人情報を守ること。

そして様々なアカウントの乗っ取りから自分自身を守ること。

  • どのアドレスで登録したのか
  • どうやって登録したのか
  • パスワードは?

一つでも思い当たる方は、ぜひご参加ください。もしわからなくなっていても、今なら取り戻せる情報があります!

そして「管理できている!」と思われる方も、ぜひ一緒に再度確認しませんか?

講座では、それぞれのアカウントの確認と、確認したアカウント情報の記録まで行います。

今回は、広島パン教室toss®︎の高瀬先生の美味しいパンとパン教室toss®︎オリジナルブレンドコーヒーつき!

緊急開催の理由・・

それは、私自身が終活・エンディングノート専門家としてデジタル終活を進める中で「アカウント情報がわからない」という人があまりにも多いと感じたこと。

  • あなたがスマホを使わなくなった時、その中の情報はどうしますか?
  • Instagramのアカウントは?
  • Facebookは?
  • ずっと世界中に公開し続けますか?

という思いがあるのですが、今回の緊急開催は終活より前に「日々生活している今の安全を確保して欲しい」という思いがあるのです。

スマホの機種変などをお考えの方は、ぜひその前にご参加くださいね!
=========================================================
『緊急開催!あなたのアカウントが危ない!」
アカウント確認&整理講座

※お申込みは下記フォームから
日 時:2018年2月24日(日)
1回目:11時~12時、2回目:13時~14時、
3回目:15時~16時、4回目:17時~18時
会 場:キッチンスタジオままごと3階
広島市中区東白島20-5 象の子ビル3F
定 員:各回10名限定 ※先着順
参加費:1,500円(パン、コーヒー付)
講 師:赤川 直美(パン教室toss®︎講師養成講座 SNS担当)
主 催:特定非営利活動法人エンディングノート普及協会
共 催:広島パン教室toss®︎
お問合せ:赤川なおみ
※セミナー開催2日前からのキャンセルは、キャンセル料として参加費の70%をいただきますので、ご了承ください。
=========================================================

お申込みは下記フォームに必要事項を入力後、送信してください

著者:赤川 なおみ

川島なお美のブログにコメント殺到中から考えるSNS終活

こんにちは。エンディングノート専門家・終活講師の赤川なおみです。

先日のテレビ会見の時に、様々な気持ちになった方も多いと思います。

現在療養中の川島なお美 ブログに激励コメント殺到中 
 タレントで女優の川島なお美(54)が、がんの治療に専念することを自身のブログで報告している。
……….
≪続きを読む≫

ブログって不思議です。

もちろん、生きている自分が書いて更新すること、これが大前提です。

自分でブログを更新している時には「ネタがないな~」とか「書けないな~」なんて、悩む日もあるでしょう。

ご自身の備忘録だったり、情報共有だったり、お仕事のことだったり。

発信する内容は様々でも、そこには「生きている・動き」が感じられるものです。

しかし、ブログにはもう一つの側面もあって、今回の川島なお美さんのように、亡くなった後、ブログでは事務所より、公式の報告記事が更新されました。

そして、川島なお美さんの死を惜しむ人たちから、ブログにはコメントが寄せられています。

まだ記憶に新しい、桜坂やっくんが事故死した時にも、彼のブログにはコメントが寄せ続けられ、当初は閉じるはずだったブログは、今もそのまま残されています。

ブログ、Facebook、Twitter、その他様々なSNSの利用者が増えた今、自分亡き後にこれらの、これまで”生きている今”を発信してきたものを、どうするのか?

閉じるのか、そのままにするのか、誰かに投稿してもらうのか。

普段当たり前のように行っている事。

これについても、考えさせられるニュースです。

SNS終活を考えるブログについて上

—–