カテゴリーアーカイブ 自分らしさ

著者:akagawa

当事者とつくる新時代 ・パートナーと見つけた希望

これまでに何度もアンコール放送されているハートネットTVのシリーズ認知症「当事者とつくる新時代 」

39歳でアルツハイマー病と診断された丹野智文さんやオーストラリアのクリスティーン・ブライデンさんなど、当事者の方にスポットを当てた番組構成ですが、今夜10月18日(水)20時〜の再放送では「パートナー」にもスポットが当たります。

パートナーとは、介護者でも支援者でもなく、丹野さんが呼ぶ「対等な立場でともに行動する人」のこと。

丹野さんをはじめとする日本認知症ワーキンググループJDWGのみなさんは、みなさんの行動によって認知症に対する意識を変えていく活動をされています。

この活動は、認知症当事者の方に対する認識だけでなく、寄り添うパートナーに関しても様々な発信や投げかけをしています。

全てを「してあげること」が支援ではない

認知症に対する誤解や偏見は、これまでの様々な情報によって作り上げられてきました。

「診断されたらこの世の終わりだ」「何もできなくなる」「何もできない人」のようなイメージが先行し、認知症と診断された人が本来どのように生活しているのか?を見ることなく、ただただ恐れ、絶望していたように思います。

私の講座でも「認知症になるくらいなら・・・」と言われる方がいらっしゃいます。それは、認知症になったら全てが終わるようなイメージだからでしょう。

しかし、丹野さんや当事者のみなさんをみて「人生終わっている」と思うでしょうか?

6月にお招きした広島の竹内さんも、先のことをくよくよ考えるのではなく、日々楽しく生活することを心がけておられます。

それなのに、認知症当事者の周囲の人たちは、診断されるとすぐに「介護」「助けてあげなくてはいけない」となんでも手を差し伸べるようになります。

診断される直前まで手を出さなかったことでさえ、手を差し伸べてしまう。手を差し伸べた人は「優しさ」かもしれませんが、手を差し伸べられた人は「今までと違うのだ」と感じることでしょう。

このように、なんでも手を差し伸べることが支援ではなく、当事者の人たちが必要としていることではないのです。

このことを、ハートネットTVのシリーズ認知症「当事者とつくる新時代 ・パートナーとみつけた希望」では伝えています。

失敗を繰り返しながら学ぶ当事者支援

9月に岡山県笠岡市で開催された若年性認知症イノベーションフォーラムでも、二人のパートナーの方にお会いしました。

これまでにテレビやネットなどではパートナーの方の存在を知っていましたが、お会いするのは初めてでした。

会場での様々な場面を拝見し、当事者の方の笑顔は、パートナーの方との絶妙な距離感によって生み出されるもので、それは手を差し伸べすぎず、つき離さずという、一朝一夕ではなしえない関係なのだなと感じました。

こちらにその時の様子を紹介された、町永俊雄さんの記事があります。

当事者支援は失敗が創る

誰もが当事者となり、誰もがパートナーとなりうるこれからの時代。

もっと積極的に認知症について学んで参りましょう。

丹野智文さんの著書

丹野智文 笑顔で生きる(文藝春秋)

 

 

 

著者:akagawa

若年性認知症イノベーションフォーラムin笠岡2017

9月26日(火)岡山県笠岡市の笠岡市民会館にて、若年性認知症イノベーションフォーラムin笠岡2017が開催されました。

主催はきのこグループさんで、丹野智文さんを招かれるのは昨年に続いて2回目。

当日当協会では、丹野さんの本「丹野智文 笑顔で生きる」(丹野智文 著、奥野修司 監修 文藝春秋)の販売ブースを、RUN伴広島、RUN伴岡山の皆さんと一緒に担当させていただきました。

若年性認知症イノベーションフォーラムin笠岡2017

会場では、認知症カフェコーナーが設けられ、11時のスタートからお茶を飲みながら情報交換をする人たちで賑わっていました。

丹野さんを交えたフォーラムのプログラムは午後からでしたが、午前中には岡山県内の認知症当事者の方と日本認知症ワーキンググループメンバーで、笠岡に駆けつけてくださっていた、広島の竹内祐さん、名古屋の山田真由美さん、そして丹野さんとの交流の時間が持たれました。

今回のイノベーションフォーラムに先立ち、主催者からは「岡山には若年性認知症の方がいない」と言われていたそうですが、当日は5人の方が集まりました。

しかし今回は、35歳で診断されてから、誰にも言わず、家族の会などの支援団体にも入らず、ずっと一人で悩んでおられた男性が勇気を持って一歩を踏み出すという、とても嬉しいことが起こりました。

これまで絶望的だったその男性は、今回のフォーラム、同じように39歳で診断された丹野さんを知って、勇気を出してコンタクトを取ってこられたそうです。

そして、認知症当事者の皆さんと会い、話す中で「自分も今日から変わろう」と決心をされた。

この勇気と希望を与えたのは、家族でも医師でもない。

同じように若年性認知症と診断され、絶望を味わい、そして仲間によって笑顔を取り戻した皆さんに出会えたからですよね。

おれんじドアが笠岡にやってきた

仙台では、丹野さんを中心にした「ご本人のためのもの忘れ総合相談窓口 おれんじドア」が開設されています。

丹野さんも診断された当初は落ち込み、引きこもったと本にも書かれているのですが、その丹野さんを笑顔にしたのは、今回も参加されている広島の竹内さんでした。

丹野さんより先に若年性認知症と診断され、診断された時の絶望も引きこもりも経験し、今は笑顔で全国を飛び回っておられる竹内さんに会ったことで、丹野さんは生まれ変わったように笑顔になったそうです。(丹野智文 笑顔で生きるより)

その経験から、今では丹野さんご自身が、

認知症と診断された人の、
その不安を一緒に乗り越えられたら…

と活動されているのがおれんじドア。

通常は仙台市内を中心に活動されているのですが、今回はまさに「笠岡におれんじドアがやってきた!」という感じだったのではないでしょうか。

本を広めて「全国どこでもおれんじドア」に!

前述の丹野さんの本もそうですが、2017年に入って認知症当事者の方が書かれた本が相次いで出版されています。

これまでの「認知症になったら何もできなくなる」というイメージを覆し、「認知症=絶望ではない」ということを、認知症当事者の方たちが発信しています。

先に認知症になった私たちから仲間たちへ

本以外にも、日本認知症ワーキンググループのみなさんが積極的に講演活動を行っておられますが、やはりそれには限界があります。

丹野さんの場合、特に平日はお仕事ですから、現在でもかなりのハードスケジュールで全国を回っておられると思うのです。

その点、本は全国どこでも手に入れることができ、最近では書店がない地域でもすぐに届くシステムが充実しています。

そしてその本には、当事者の皆さんが悩んだこと、不安だったこと、その中で見出した光、希望などを、経験したから伝わる言葉で書かれているのです。

これを手に取って読むことで、丹野さんのおれんじドアに参加できなくても、最初の一歩をふみだせる方がたくさんいることでしょう。

ですから、特定非営利活動法人エンディングノート普及協会では、本の販売を積極的にお手伝いさせていただきたいし、当事者ブックフェアも開催していきたい。

どんな小さな取り組みであっても、一歩を踏み出すことが大切ですね。

フォーラム終了後には、会場で丹野さんの本を買ってくださった方に、丹野さんがサインをしてくださいました!

あらかじめお名前を聞いて行ったのですが、講演終了と同時に長蛇の列!

サイン本を手にした皆さん!ぜひお友だちや周りの皆さんにもご紹介くださいね。

 

当事者ブックフェアに関するお問い合わせはこちらから

 

著者:akagawa

WAM NET(ワムネット)さんにご紹介いただきました

5月20日に愛媛県松山市で開催していただきました「ライフイベント茶話会」の様子を掲載した記事を、福祉・保険・医療の総合サイトWAM NET(ワムネット)さんに掲載していただいております。

親の最期、備え早めに Fushime塾(松山)が茶話会

ライフイベント茶話会は、茶話会前に開催された「一期一会のワークショップ」(講師:前田めぐるさん)に参加してくださった皆さまを対象に、Fushime塾主宰の一色麻生さんに企画・開催していただいたもの。

「就活」の専門家一色さんと「終活」の専門家赤川のコラボ、そして様々な働き方の提案・実践をされ「前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?」他2冊の本を出版されている前田さんとのコラボとなれば「生きている中で様々なライフイベントをどう考え、どのように行動するか?じゃない?」ということで「ライフイベント茶話会」となりました。

茶話会当日も、介護ってどうなの?終活っていつから?ということに終始するのではなく「生きていれば様々な節目(Fushime)があり、ライフイベントがあるけれど、少しの工夫と準備で、どんな時にも自分らしく諦めることなく生きられるよね」というお話しをさせていただきました。

NPO法人エンディングノート普及協会が常にお伝えしていることも、

  • 離れて暮らす親が倒れて突然の連絡が入った
  • 急に家族の介護が必要になった
  • 考えてもいなかった相続があることを知らされた

など、生きていく上では避けて通れない突発事項にも、周りの環境に振り回されることなく、自分らしく生きるために「今できること」が何か?ということです。

そして、そのためには「エンディングノートを書いてみては?」とご提案しているわけです。

もちろん、準備なく急な環境の変化に直面する場合もありますね。

そんな時の支援もさせていただいております。

 

今回掲載していただいた記事を読んでいただいて「どうしたら良いのかな?」と不安になった方は、お気軽にご相談ください。

また、ライフイベント茶話会をベースに前田めぐるさんがプロデュースしてくださっている

『介護やみとりで考える生き方と逝き方』トークライブ』

の開催をご希望の方も、下記よりお問い合わせください。

 

著者:akagawa

自立と依存は繋がっている

みなさんは

自立する

という言葉を聞いてどのようなイメージが浮かびますか?

  • なんでも自分でできる
  • 自分で生きることを完結できている状態
  • 人に依存することなく生きていける

そんなイメージでしょうか?

 

子育てしていると、自立するというのは、学校を卒業して就職するとか、家を出て一人で生活するとか、そんなイメージもあります。

 

私も、つい先日までは

自立と依存

は、相反するものだと思っていました。

依存とは?

依存(いそん・いぞん)とは、

他のものによりかかり、それによって成り立つこと

と説明があります。

 

さっきのイメージはこの説明のように「他のものによりかかり」という、誰かに頼っている状態からきているように思います。

 

そして、もう一つ「それによって成り立つ」というところですよね。他の、よりかかったものによって成り立っている。

 

ようするに、自分では立てない、立っていられない状態ということでしょうか。

 

人の成長過程でも「ひとり立ち」できるようになるまでには、手足を使ってのハイハイがあり、物につかまって立つ「つかまり立ち」があり、どこかを持ちながら歩く「伝い歩き」という過程があります。

 

そして年齢を重ねると、逆戻りをしていきますね。

 

一般的には「自立する」「ひとり立ちする」と、自分で生きる糧を得て自分で生きていくというイメージになりますが、果たして自立したら、本当に一人で生きていけるのでしょうか?

自立とは?

では、自立とはなんでしょうか?

自分以外のものの助けなしで、または支配を受けずに、自分の力で物事をやって行くこと

自分の力で物事をやっていくこと。確かにそうかもしれません。

 

もう一つ興味深いのは「支配を受けずに」というところ。

 

こうやって改めて調べるまで「自分以外のものの助けなしで」というイメージはありましたが、「支配を受けずに」というイメージはありませんでした。

 

そうすると、依存している状態は、その寄りかかっている人に支配されている?ということ?

 

支配というと少し意味合いが違ってくるのかもしれませんが・・・

 

確かに依存していると頼れる良さはありますが、助けてもらうには

その人の都合やその人の考えに合せないといけない

と考えると、確かに支配されるという言い方も、納得できるかもしれません。

 

しかし、自立=誰にも頼らず自分の力だけで物事をやっていかなくてはいけない、ということでしょうか?

自立とは広く依存すること

先日、多世代シェアハウス「庚午のおうち」に見学に伺いました。


(写真は庚午のおうちで毎月開催される「庚午カフェ」のランチ)

 

その時に竹中理事長とお会いできたのですが、竹中さんから

自立は広く依存すること

狭く(一人に・1箇所に)依存してはいけない

というお話を伺って、衝撃を受けました。

 

あぁ、そうなんだ。これからの少子高齢化の中で、とても大切なこと!これだわ。

  • 一人に、1箇所に頼るから、お互いにしんどくなる。
  • しんどくなるから、頼るのを我慢してしまう。
  • 我慢も限界に達してどうにもならなくなる。

悪循環とはまさにこのこと。

 

高齢の方には多いですが、最近の子育て世代にも感じています。

少しの迷惑、お互い様

この感覚が持てないのですね。

 

自分の生活で不自由を感じることがあれば、その部分だけお願いする。

 

少しのことだから頑張ってやるのではなく、少しのことだから、頼まれた人も、気軽に「いいよ!」と言える。

 

毎回じゃなく、何回かに1回だから、快く「いいよ!」と言える。

 

そうして、自分も生活に困らず、できることは自分で、できないことはお願いしながら生活するから「自立して」生活できる

 

竹中さんの

広く依存するんですよ

この言葉、私自身にも、私のこれからの活動にとっても「魔法の一言」でした。

 

竹中さんが理事長として活動する特定非営利活動法人もちもちの木には、そんな魔法がたくさん詰まっていますよ!

 

 

 

 

 

—–

著者:akagawa

最期の別れは「乾杯の歌」で・大先輩の葬送の時

こんにちは。
エンディングノートナビゲーター®の赤川なおみです。

お世話になった恩人の、葬儀に参列しました。

音楽をこよなく愛し、後進の指導を熱心にされていた恩人は、多くの音楽家誕生にも尽力されました。

葬儀は粛々と執り行われ、最期のお別れの時となりました。

場内では、恩人を見送るために参列したご友人のご提案で、故人を囲んで、参列者の有志が歌を歌い始めました。

♪杯を乾せや 我が友よ

 若き日は 若き日は 再びは

 帰らぬものなれば 歌わまし

 若き日の恋 時過ぎ去らぬまに♪

恩人在りし日には、飲めば必ず大合唱だったと言います。

寂しいけれど、悲しいけれど、大きな声で歌う有志の人たち。

ご家族の方は、とても喜んでおられましたね。

祭壇に飾られた遺影も、恩人らしい、マイクを持ったお元気なお顔でした。

ご親族からのご挨拶も、故人が生まれ、戦前、戦中、戦後を必死の思いで生きてこられたこと、終の住処となった地で、音楽と仲間を大切にされてきたこと。

最近では聞く事ができないような、素晴らしいご挨拶でした。

{434DEA8D-D29F-43DE-9B31-507EE4E0FEDF:01}

最期まで自分らしく。

葬儀を通して、悔いなく生きてこられたことが伝わる、素敵な葬儀でした。

最期まで自分らしく生き、終えるために、エンディングノートを書いてみませんか?

—–

著者:akagawa

国際ソロプチミスト福山さまでエンディングノートのお話しをさせていただきました

エンディングノートの書き方・終活講師の赤川なおみです。

最近では、30代以上の女性が集まれば「終活」の話題になると言われる程、注目を集めている終活やエンディングノート。

講演のご依頼も女性からのお申込みが多いように感じます。

最近では、女性が「自分の生き方は自分で考える」ということで、積極的に活動されている方も多いですよね。

先日は、地域との女性と女児の生活を向上させることを目的に長年活動されている国際ソロプチミスト福山さまでお話しさせていただきました。

{3A930674-FE8D-422B-87CA-5BB0EB149C76:01}

2014年には国際ソロプチミストの認証を受けられて40年になられたそうで、地域への後見活動に積極的な女性の皆さまばかり。

当日のテーマは「最期まで自分らしく生きるためのエンディングノート」。

終活やエンディングノートを書く事も大切ですが、「やり残したことはないわ!」と言えるよう、日々を充実して生活していただくためのポイントなどをお話しさせていただきました。

みなさんも自分の最期に向き合うのは少ししんどいかもしれません。

が、講座などに参加されると「最期を決めるとすっきりして楽なのね」と言われる方が多いのです。

毎日楽しく充実して過ごすためにも、気になることは早めに解決しましょう!

{99E7183A-175F-479D-90D2-1FD2D6FBA125:01}

でもどこから?という方はこちらのセミナーにご参加くださいね。

→セミナー一覧

—–

著者:akagawa

副業で100万円稼ぐ! ラクラク最強eBay輸出ビジネス 次はあなたの番です!

エンディングノートの書き方講師、最期まで自分らしく生きるための終活を応援するエンディングノートナビゲーター赤川なおみです。

{56827888-856A-413E-84C7-A16E97474950:01}

「素敵な仲間に囲まれて、自分の好きな時に好きなところで好きなことをしています」

こう聞いて、そんな夢のようなこと、一握りの特別な人でしょう?と感じますか?

確かに、一部の人かもしれません。
なぜなら、自分が望む、自分らしい生き方を、自分で掴んだ人だけだからです。

でも、特別な人ではないんですよ。このブログを読んでくださっているあなたにも、そのチャンスは平等に与えられているのだから。

今日購入したこちらの本
この本の著者 井上麻紀子さんも10年前までは会社員。
会社の一賃として働く生活だったそうですよ。

今は「自分の好きな時に好きなところで好きなことをする」生活。

では何が起こったのか?

それは、出会ったチャンスを逃さず、恐れず、取組んだから。

もちろん、簡単に今の井上さんになった訳ではないでしょう。紆余曲折があり、様々な事があっての今なのでしょう。

そして今、井上さんからのメッセージは
人生は可能性にあふれています。つぎは、あなたの番です。

この「副業で100万円稼ぐ!ラクラク最強eBay輸出ビジネス」を手に取ったあなたにも、人生の「選択肢」と「可能性」がきっと訪れます。

とってもお得なAmazonキャンペーンは本日2014年10月30日(木)23時59分まで!
キャンペーンへの参加はこちらから

→http://inouemakiko.com/book/

—–

著者:akagawa

お正月はお着物で☆阿智神社で新年を祝おう に参加しました!

こんにちは。
エンディングノートナビゲーター、40代からの女性のためのポジティブ終活を応援する赤川 なおみです。

今日は倉敷美観地区で開催された
お正月はお着物で☆阿智神社で新年を祝おう
に参加しました。

着物を着た参加者が阿智神社にお参りした後は、
美観地区をブラブラ。

今回は昔きものと季節きものの販売、アンティーク&ヴィンテージのくらからさんのお声かけで、女性12人、男性5人、カメラマン1人が参加。

これだけの人数が着物姿でゾロゾロ歩くと、結構目立ちます。

何回も「写真撮影して良いですか」と声がかかっていました。

私は終活・エンディングノートを始めるきっかけが
祖母の着物だったので、このような気軽に着物を着て集まるイベントや、
くらからさんのようなお店に興味津々。

着飾るでもなく、くずしすぎるでもなく
とても自然で良かったな~。

私は義母の着物に祖母の羽織で参加。
我流の着方であんまり綺麗に着れないけれど、
そこを気にするより、なれて楽しむほうが先かな~。

みなさんも、たんすの肥やしにしないで、
ぜひ着てみてください!!!

今年はこんな着物イベントも
協会で開催したいな~と思っています。

大人の部活やってます!


40代から始めるポジティブ終活部


—–

著者:akagawa

自分らしさを引き出す写真家さんとの出会い

こんにちは。
エンディングノートナビゲーター、作成アドバイザ-の赤川なおみです。

本日Facebookのプロフィール写真を変更しました。
この写真は 先日神戸の会場で写真家の平岡尚子さんに撮影していただいたものです。

今回の変更では、見てくださった皆さんから「いいですね~」「赤川さんらしいですね~」とお褒めの言葉をたくさんいただきました。うれしいですよね~。

実は、私は写真を撮られるのが嫌いでした。

小さいころからアトピー性皮膚炎で、顔もいつも赤くてひどかったので、鏡を見るのも、写真を撮られるのも大嫌いでした。

さすがに成人式と結婚式は撮影したのですが、ほかでは集合写真も撮影者にまわり、写らなくていいようにしていました。

最近「遺影写真がないよな~」というのと、お仕事名刺に写真が必要ということもあり、撮影する決心(大げさですが 汗)をしました、。

しかし、決心をしても「誰に撮ってもらうのか?」は重要です。

できれば
・信頼できる人
・自分らしさを引き出してくれる人
に撮ってほしいと思いませんか?

今回撮影してくださった平岡さんは、
「あまり見たことのないような、その人らしい素敵な笑顔」を引き出すのが上手!

私の前に撮影した男性も、まわりから「こんな笑顔みたことない!素敵!」と言われました。

私も「赤川さんらしいけど、こんな笑顔みたことないな~、いいね!」と言っていただきました。

大嫌いだった写真撮影。
でも、今回思い切って信頼できる方に撮影していただいたことで、一つ心配事が解消されました。

心配だった「遺影にできる自分らしい写真」ができたこと。

これも素敵な出会いがあってこそ。

みなさんも、自分を輝かせる素敵な出会い、していますか?

—–

著者:akagawa

献体という選択

こんにちは。

「夢をあきらめない生き方」「最期まで自分らしく生きる!」をエンディングノートを通してナビゲートする赤川 なおみです。

「献体」をご存知ですか?

 献体とは、医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。
(財団法人 日本篤志献体協会より)

これは「自分の死後、遺体を医学・歯学の教育と研究のために役立てたい」という人が行うのですが、生前に「献体登録」をしておきます。

献体したい大学や関連の団体に名前を登録、死後、遺族あるいは関係者がその遺志にしたがって遺体を大学に提供します。

生前の献体登録には「肉親の同意」が必要で、肉親も署名捺印をして登録します。

では献体登録をしておけば、必ず献体されるのか?

これは、本人が「献体してほしい」と強く願っていたとしても、その死後に親兄弟など親族の中で一人でも「反対」ということになれば、献体は実行されません。

また、臓器移植にも登録があり、献体にも生前契約する場合には、病院と大学間の連携なども必要になるために、事前の申し出が必要になったり、様々な確認事項のもと行われます。

臓器移植についてもエンディングノートに「臓器移植をする しない」の意思表示をという項目がありますが、献体も一つの選択。

臓器移植のように、必要としている人の「生きる」ための力になるのか、形は違えど人が生きていく上で大切な研究のための力になるのか。

エンディングノートを書く際に、今一度考えて見たい項目ですね。

メールマガジンでもっと詳しく!


—–